Author

  • 名前:ちさこ
  • 性別:女
  • 年齢:21歳

よく名前をさちこと間違われます。 とても甘えたですが、周りの空気を一番に行動します。でも心の中では自分が一番だと思っています。 間違った事をしている人がいても注意したりはできません。
白髪染めと聞くと、年を取ったものだと思ってしまいます。 若い頃は白髪が出ませんから、白髪染めの必要もありません。 ですから白髪染めと言う言葉からは、年を重ねたというイメージを持ってしまうのです。

カテゴリー

アーカイブ

非ジアミン系の白髪染めを選ぶときのポイント

一度アレルギーが出たら、同じ白髪染めは使うのを避けたいものです。違うタイプの白髪染めを選ぶとしても、時間を重視するか、色持ちを重視するかで変わってきます。ご自分のスタイルに合わせて、検討していくと良いでしょう。

短時間で染められるが、あまり長持ちしないもの
・ヘアカラートリートメント
低刺激ですから、敏感肌の人に合うでしょう。また、美髪成分が配合されているので、ダメージヘアにも向いています。ただし、なかなか染まらず、毎日使い続けないとすぐに色が落ちるという欠点があります。

・ヘアマニキュア
髪へのダメージはほとんどありません。手軽に使えて2週間程度は染め直しの必要がないため、人気です。ただ、皮膚に着くと取れにくいという欠点があります。また、相性が悪く、まれにかぶれる人が出ます。

少し時間はかかるが、染め直しが少なくて済むもの
・お歯黒式毛染め
頭皮をあまり傷めず、1ヶ月は染め直しの必要がありません。一方で、黒に近い種類しか選べない、硫黄臭がする、使い続けると髪がゴワゴワするなどの欠点があります。

・ヘナ
植物由来の天然染料なので、頭皮や髪へのダメージはほとんどありません。赤またはオレンジに染まります。ヘナ以外の染料を混ぜて黒く見せることもありますが、この場合はかなり早く色落ちします。まれにかぶれることもあります。

非ジアミン系といっても、さまざまな種類があります。メリット・デメリットを考えて、ご自分のヘアスタイルに最適なものを選びましょう。

ページ上に戻る